営業サラリーマンが水虫を治したいならテルビナフィン

営業の仕事をしているサラリーマンは、毎日足を棒のようにして歩き回らなければなりません。
足が疲れるだけでなく、蒸れて水虫の菌が発生して、かゆくてたまらなくなることもあるので、そんなときは我慢せず、病院の薬で治すようにしてください。
水虫が我慢できないからといって、サラリーマンが営業の仕事をやめたり、他の部署に簡単に移ることは簡単に出来ないので、症状が悪化した場合は、病院へ行って、テルビナフィンのような薬を処方してもらうのが一番です。
市販の水虫薬よりも効果があるので、なかなか治らなくて悩んでいる営業の仕事をしているサラリーマンは試してみるようにしましょう。
テルビナフィンはアリルアミン系経口抗真菌剤に分類されている薬で、真菌の細胞膜成分の合成に必要な酵素の作用を妨げられるので、真菌の増殖を抑え、殺菌することが出来ます。
爪白癬(爪の水虫)を始め、白癬やカンジダ症などの表在性皮膚真菌症、白癬性肉芽腫などの治療に用いられるもので、高い効果があります。
通常、成人は1回1錠のテルビナフィン125mgを1日1回食後に服用します。
飲み忘れた場合は、出来るだけ早く服用するようにした方が良いですが、2回分を一度に飲むようなことだけはやめましょう。
誤って多く飲むのは危険ですし、自分の判断で飲むのをやめると、また再発する恐れがあるので注意してください。
副作用はほとんどありませんが、頭痛やめまい、胃部不快感、下痢、吐き気、腹痛、食欲不振、味覚異常、発疹、かゆみなどの症状が起きたり、肝障害などのもっと重い症状が起こる人もいます。
この薬は個人輸入代行通販でも買えますが、これらの症状が起こった場合は、使用を中止し、お近くの医師に相談するようにしてください。