水虫にはテルビナフィン古い角質には入浴後のダッピー

足の悩みを抱えている人は、男女ともに多いです。
特に、多いのが水虫の悩みです。
水虫は、白癬菌というカビが原因で起こる皮膚の病気です。
水虫というと、男性に多いイメージを持つ人が多いのですが、実は女性でも水虫に悩んでいる人は多いのです。
白癬菌は、手にも感染することがありますが、足に感染するケースがほとんどです。
足は、靴を履くのでむれやすく、高温多湿になりやすいので、菌には快適な環境なのです。
水虫にかかった人の皮膚から角質が剥がれ落ちると、その中にも白癬菌がいるので、角質を足で踏むと、踏んだ人にも白癬菌が感染します。
ただ、菌が付いただけでは、水虫になりません。
繁殖しやすい環境であるなどの条件がそろって水虫となるのです。
白癬菌は、高温多湿で皮膚に汚れが残っている状態が大好きです。
ですから、水虫の感染を予防するためには、入浴をして足を清潔にしておくことが大切です。
水虫の症状が出てしまった場合は、軽い症状であれば、市販の水虫治療薬で治ることもあります。
最近では、テルビナフィン塩酸塩を含んだ水虫の治療薬に注目が集まっています。
テルビナフィン塩酸塩は、アリルアミン系の薬剤で、白癬菌を殺菌する作用があるのです。
軽い症状の時にテルビナフィン塩酸塩を含んだ治療薬を使えば、早く水虫を治すことも可能です。
しかし、水虫が重症化したら、医師に症状を診てもらった方が安心です。
足の悩みの中には、角質によって皮膚がガチガチになってしまい、ストッキングが伝線するという悩みもあります。
足の頑固な角質を取り、柔らかい足にしたい場合は、足用パックのダッピーが役に立ちます。
ダッピーは、履くだけで簡単に角質のケアができます。
ダッピーは、入浴後に使うのが効果的ですが、入浴後でなくても効果は出ます。
使い方は、清潔にした足に専用のビニール靴下を履き、角質液に浸した後、洗い流すだけなので、とても簡単です。